一乗寺ブログ

静岡市清水区にある曹洞宗の院「一乗寺」のブログです。あなたのかかりつけのお寺として、ともに寄り添いたく存じます。

新着ブログ

  • 「人形供養祭」のお知らせ(静岡市)

    2018年4月7日

    【ひな供養】

    当山では、毎年『4月の第2日曜日』に「ひな供養」という行持を行っています。

    これは、50年以上も前から行われている伝統の「雛人形供養祭」で、およそ1万体もの“ひな人形”や“ぬいぐるみ”が市内外から集められます。

    古くなったお雛さまやお人形を一所にお祀りし、『撥遣(はっけん)』という特別な作法により“性根抜き”、いわゆる“魂を抜く”儀式を行います。

    役目を全うされたお人形さんがございましたら、どうぞお持ち寄りください。

    【日 時】
    平成30年4月8日(日)

    《受 付》
    午前8時30分~

    《法 要》
    午前10時~
    (※お世話になったお雛さまに、感謝のご焼香をしましょう。)

    《供養料》
    ご懇志
    (※一体につき“いくら”という定めはありません。あくまでも“お気持ちで”お納めください)

    《その他》
    ・基本的には、当日のみ(法要時刻まで)の受付となります。
    ・お顔のついた「お人形本体」のみお持ちください。(※ガラスケースや金属等飾り物は、各自で処分願います)
    ・屋外行持ですので、雨天時は中止となります☔

    《お知らせ》
    ・本年は、4月8日開催で「お釈迦さまの降誕会」と重なりましたので、先着200名様に記念の粗品を差し上げます。
    (※また、供養のお経が終わりましたら少し「花祭り」のお話をします。)
    ・そして、特別に「お抹茶こんどう」さんが「お抹茶こんどうの食堂」として出店してくれます^^お茶と食事、どちらもピカイチのお店です★★★

    ・ぜひ、ご家族やお友達をお誘い合わせの上、お出かけください( ^^) _🍵~~

  • 一期会 ~おはなしの時間~

    2018年2月2日

     

    かつて、このお寺では「廿日会(はつかかい)」という集まりがありました。

    昭和後期、高度経済成長の真っただ中・・・
    『物が豊かになる半面、心の豊かさを蔑(ないがし)ろにしてはいけない』という先々代住職の理念のもと、
    当寺の婦人会の皆さんを中心に、「月一回お寺に集まる」という会が立ち上がりました。

    毎月20日に集まることから、、その名も「廿日会(はつかかい)」 (ドーン!)

    そのまんまのネーミングですが、かえって分かりやすいと受け、多くの方にご来山いただいてたようです✍

     

    時は流れ、現代―。

    時代は移ろいましたが、人の世の常は変わらず・・・

    人間関係、介護問題、病気疾患、経済疲弊などなど、人間の悩みの種は数多く存在します。。

    そんな現代人のお悩みに寄り添うべく、

    いま、再び新たな集いの場を開きたいと思います。

     

    その名も、、、「一期会(いちごかい)」

    …毎月15日に開くから。。。15…いちご…苺…一期… (ドーン!)

    ‟いちご”という言葉には、「一期一会」という意味も含まれています。

    この会を通して、何か素敵な出会いやアイデアが生まれ、気持ちを新たに歩みを進めていただければと思います。

     

    【一期会 ~おはなしの時間~】

    ●日時:2月15日(木)15時~16時30分(※予定

    ●場所:一乗寺(客殿「一如庵」)

    ●参加:無料(※予約不要)

    ●概要:本年より、毎月15日の15時から『おはなしの会』を開きます。

    ※毎回、参加者の方にアンケートをお配りします。そこに、「気になっていること」「話したい・聴きたいテーマ」などを書いていただき、次回の参考にしていきます。
    今回は、前回のプレ開講の際のご意見を参考に、「仏教全般」や「坐禅」についてのおはなしを中心に進めて参ります。

    ※宗教のこと、生死に関すること、あるいは楽しい話、自身の生い立ちなどなど、参加者の方の雰囲気とご希望に合わせてお話をさせていただきます。
    毎回、最後に質疑応答の時間を設けます。気になる方は、途中参加でも結構ですのでお立ち寄りください。また、その場でお答えできないものに関しては“宿題”として持ち越し、私自身の勉強にさせていただきたいと思います✍

    ※なお、全体でお話ししにくい内容は、別枠として「個別相談」も検討しております。

     

    大人から子どもまで、、
    我われは皆、「生きる」という大きな命題を持って日々を送っています。

    一生懸命生きていれば、「考える暇はない」。これもひとつの答えだと思います。

    でも時に、ふと立ち止まって『自分の足元を確認してみようかな。』

    そう思われた方は、ぜひお気軽にご来山ください。

    (∩´∀`)∩< お茶とお菓子をご用意してお待ちしております♪

  • 「暁天坐禅会vol.39」(静岡市)

    2018年2月1日

    ★暁天(ぎょうてん)とは、明け方の空という意味で、 暁天坐禅(きょうてんざぜん)とは、早朝に行う坐禅のことです。

    第39回坐禅会(参加者:6名)

    寒い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

    今日から2月に入りました。

    2月のことを別名、『如月(きさらぎ)』といいます。

    これは生活から生まれた言葉だそうで、、
    「一枚着ているだけでは寒いので、更に重ねて着る」ことから『着更着(きさらぎ)』とする説が有力で、
    ほかにも、
    「気候が陽気になる季節」で、『気更来(きさらぎ)』『息更来(きさらぎ)』とする説や、
    「草木が生えはじめる月」で、『生更木(きさらぎ)』とする説などがあります

    いずれにせよ、
    先人の季節感には学ぶべきことが多く、その感受性の豊かさにただただ感服します。

    と同時に、我われ現代人は、この“豊かさ”という言葉をどうとらえているか。という点に立ち戻る必要があるかと思います。

     

    昔に比べ、物や情報が増え…ある面では豊かになったと言えます。
    しかしながら、果たして今私たちはそのことに日々満足し感謝しているでしょうか。

    物質面での豊かさ・快適さが先行し、どこか「生きにくさ」や「欲求不満」といった感情が時折顔を出してはいないでしょうか。
    あるいは、この日本という島独自の気候から成る「素晴らしい季節感」や「美しい感受性」そのものを忘れかけてはいないでしょうか。。

     

    例えば、「暖房機の発達」ということに着目します。
    以前は、木炭で火おこしをしていた囲炉裏から → 灯油のストーブ → 電気(+水)のファンヒーター・エアコンなど、日々進化しています。
    (※もちろん、家電業界に従事している方を否定するものではありません。)
    日進月歩の技術者の方の絶え間ない御労苦により、我われは快適な生活を甘受させていただいております。

    ただ、そのことが当たり前になってしまうと…その代償として大切なことをひとつ失ってしまう気がします。

    それは、例えば「肌の感受性」というもの。
    これを失うということはつまり、「‟冬は寒い”ということを忘れてしまう」ということ。

    建物の中は常に温かく快適ですが、一歩外に出たら極寒という場面はよくあります。
    その急激な温度差から、心筋梗塞やいわゆる「ヒートショック」と呼ばれる体への負担が多数報告されています。

    このように、肌の感受性がぼぅーっとしてしまうと、冬は寒い → 自然は厳しいということさえ忘れてしまいます

    「肌の感受性」が、「心の感受性」に全く影響を与えないのでしょうか?
    → 身体と心は密接なので、影響が出ないはずがありません。

     

    「冬は寒い」「夏は暑い」という当たり前のことを、曹洞宗の開祖道元禅師は、このような和歌に認めました。

    『春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷(すず)しかりけり』

    これは、「本来の面目」(※本来具えている真実のすがた)という題目として詠まれた一句ですが、まさに自然体そのものを体現している名句だと思います。

     

    日本という国は、マイナス30℃という寒帯の気候から、最高気温40℃という熱帯の気候まで幅広く経験します。
    小さな島国でありながら、偉大なる自然を懐広く受け入れています。

    また、厳しい季節があるからこそ、春や秋の有難みを感じることが出来ます。
    ですから、そこに住む我われにもその懐の大きさや「美しい感受性」が、きっと今でも備わっていると信じています

    冬は、まだまだこれからが本番!
    たまには、朝一番の空気を身体に取り込んでみるのも良いかもしれません(∩´∀`)∩ < 

     

    【次回の「坐禅会」は、新年2月15日(木)あさ5時半~(場所:客殿)参加無料です。】

     

    また、15日午後3時〜
    『おはなしの会』を開催します。

    「仏教全般に関すること」、「普段、気になっていること」や「お悩み相談」など、さまざまなテーマに沿ってお話をしていきたいと思います

    ※参加無料・予約不要にて
    どなたでもご参加いただけますので、
    興味のある方は是非お越しください。

    (*´꒳`*)

  • 【法話と精進料理】

    2018年1月31日

    本日は、地元のコミュニティセンターにて「法話と精進料理」の講座に参画させていただきました🙏


    もともと、料理を作るのが好きで😋小学生の頃は「調理クラブ」。大学時代は、ほぼ毎日自炊をしてました🍚
    大学卒業後、福井の永平寺へ入山しましたが、そこでも偶然「典座寮(料理番)」に配属されました🔪
    そんなご縁もあり、修行後に調理師の免許を取得しました🎫✨


    昨年お声かけいただき、今回は参加者の方と精進料理を二品ほど作ることに・・・👇

    一、豆腐のハンバーグ


    一、茄子と三度豆(インゲン)の山椒炒め


    一、ごま豆腐(※おまけ)


    一、焼茶(※ほうじ茶)


    久しぶりに精進料理を作りましたが、やはり限られた時間の中で「人に伝える」というのは、難しい面もあり大変勉強になりました✍️

    しかしながら、
    参加者の皆さんのご協力のおかげで
    、楽しく調理することができました🍽


    完成した料理を皆さん美味しそうに召し上がっておられ、「今度、ウチでも作ってみます!」という感想をいただいたのが嬉しかったです😊


    次回の開講は未定ですが、11月にまたお話しの機会をいただきましたので、興味のある方は是非会場まで、お問い合わせください☎︎(054)352-7755

    @静岡市清水区生涯学習交流館
    ▼http://www.sgk-shimizuku-shizuoka.jp/

     

    追記:
    ちなみに自坊での「法話」は、次回2月15日15時〜行います✍️

    ▼https://www.facebook.com/events/242773199594635/?ti=icl

  • 「暁天坐禅会vol.38」(静岡市)

    2018年1月15日

    ★暁天(ぎょうてん)とは、明け方の空という意味で、 暁天坐禅(きょうてんざぜん)とは、早朝に行う坐禅のことです。

    第38回坐禅会(参加者:7名)

    新たなる年が明けて、半月が経ちました。
    まだ半月、もう半月経ったか…と人それぞれの感じ方があろうかと思います✍️

    今朝は、今年初の坐禅会でした。

    まだ夜も明けない内から、いつもの面々がご参集されました。

    この坐禅会では、、
    ひとりひとりのペースで座を組み、
    定刻になりましたら、鐘が三回鳴ります🔔

    そこから、しばしの時間、こころ静かに坐ります。

    このような営みを、何十年にも渡り行じております。私が就任する前…もっと言えば生まれる前…先代、先々代の時代から脈々と受け継がれてきました👏

    今日は、年初めということもあり、
    普段は略式の朝課(※朝のおつとめ)が多いのですが、参加者の方と本式の朝課を読経しました。

    久しぶりの本朝課でしたが、
    流石にベテランの皆さんは、歴代祖師・歴代住職のお名前もしっかりとお唱えになられておりました。

    最古参の方が、
    「久しぶりに読んだけど、いいもんだなぁ」と、おっしゃっていたのが尊いお言葉だと思いました。

    朝が早いので、皆さんご無理せず
    ご参加いただければと存じます🙏

    さて、
    本日は、このあと🕒午後3時〜
    『おはなしの会(仮)』を開催します。

    https://www.facebook.com/events/242773199594635/?ti=icl

    「仏教全般に関すること」、「普段、気になっていること」や「お悩み問題」など、さまざまなテーマに沿ってお話をしていきたいと思います✍️

    ※参加無料・予約不要にて
    どなたでもご参加いただけますので、
    興味のある方は是非お越しください。

    (*´꒳`*)

    【次回の「坐禅会」は、新年2月15日(木)あさ5時半~(場所:客殿)参加無料です。】

  • 一乗寺外観

    宗教法人庵原山 一乗寺

    〒424-0114
    静岡県静岡市清水区庵原町1937
    TEL:054-366-0182
    FAX:054-366-0475
    新東名高速道路の庵原インターチェンジより車で5分