一乗寺ブログ

静岡市清水区にある曹洞宗の院「一乗寺」のブログです。あなたのかかりつけのお寺として、ともに寄り添いたく存じます。

坐禅会の記事

  • 「暁天坐禅会vol.35」(静岡市)

    2017年11月15日

    ★暁天(ぎょうてん)とは、明け方の空という意味で、 暁天坐禅(きょうてんざぜん)とは、早朝に行う坐禅のことです。

    第35回坐禅会(参加者:8名)

    10・11月のお寺は、‟お盆”や‟年末年始”とまた違い、特別な行持が続きます。
    先般、市内の曹洞宗寺院にて「晋山式(しんさんしき)」がありました。これは、新たに住職となる新命和尚のいわば「襲名披露の儀」で、一世一代の大法要です。私自身、数年後にこの儀式を控えているということもあり、(お手伝いをしながら)準備の仕方や流れをつぶさに見学させていただきました。
    近隣・懇意のお坊さんはもちろん、地域の方が一体となって支えている姿がとても印象的でした。さて、この晋山式の中で「法戦式(ほっせんしき)」という法要がございます。新命和尚のお弟子として首座和尚(しゅそおしょう)が任命され、開口大声の禅問答が繰り広げられます。ここには、必ず仏法のテーマがあるわけですが、よく掲げられるのが『従容録(しょうようろく)・第二章:廓然無聖(かくねんむしょう)』という命題です。
    この「廓然無聖」という言葉は、禅宗に於いてとても有名であり、大切な言葉です。この言葉は、禅を伝えた達磨大師(だるまだいし)がインドから中国にやって来た時、梁(りょう:古代中国の一国)を治めていた武帝(ぶてい)という王様と交わした問答の中に出てきます。★《前段》『景徳伝灯録』
    武帝「私は即位以来、寺を造り写経し僧を育ててきた。どんな功徳があるか」
    達磨「無功徳。(※功徳などありません)」
    武帝「なぜないのか」
    達磨「それらはただ人間界、天上界の小さな果報であり、煩悩の原因となるだけである。形があるものには影があるようなもので、功徳があるように見えても、それは真実のものではない」
    武帝「ならば真の功徳とはどんなものか」
    達磨「この世では求めることができません。(※みなともに仏と同じ淨らかな智慧(仏性)がそなわっているから、もとより空寂である。だからこのような功徳は、人間の意識で分別する問題でない)」★

    《本則》『従容録』「第二則・達磨廓然」
    挙(こ)す、梁の武帝、達磨大師に問う、如何(いか)なるか是れ聖諦第一義(しょうたいだいいちぎ)。
    磨云く、廓然無聖(かくねんむしょう)。
    帝云く、朕(ちん)に対する者は誰そ。
    磨云く、不識(ふしき)。
    帝契わず。
    遂に江を渡り、少林に至って面壁(めんぺき)九年。

    [意訳]
    武帝「仏教の真理の根本は何か(一体全体、仏教の核心とは何なのか)」
    達磨「功徳などありません(※中は何もなく「廓然」すなわち、からりと晴れた青空のようなもので、聖とか凡の分別もない)」
    武帝「いま現に自分に相対しているあなたは、徳の高い高僧で聖なる存在ではないのか」
    達磨「識にあらず(※(空なる存在であるこの身体を)聖かどうか、人間の物差しで量ろうとしてもできないことだ)」
    この問答の後、言葉による接化の限界を感じた達磨大師は揚子江を渡り、少林寺に至って壁観の坐禅を9年の長きに渡り勤めることになった。

    この故事に基づき、曹洞宗の坐禅は壁に向かって坐を組む「面壁坐禅」となりました。(※写真参照)

    こうしてみると、資本主義にどっぷりと浸かってしまった現代人は「梁の武帝」と言えます(私も含め;)。
    やはり、挨拶をすれば返してほしいし、働いた分の対価を求めたい、ややもすると即物的になりがちです。

    「坐禅は習禅に非ず」
    これは、開祖道元禅師が記した『普勧坐禅儀』の一節です

    坐禅は、悟るための手段ではない。
    理想に近づくための修練ではない。

    修証一等。
    坐禅そのものが悟りであり、日常の全てを修行として怠ることなく生きることを第一義とする我が宗門の考え方です

    このことを踏まえ、自らを省みますと、、
    お寺の告知文でも、「心のモヤモヤを晴らすため」だとか「日常の呼吸を離れて」だとか、「〇〇のために」という目的意識ばかりが先行してしまっていたことに気が付きました。

    分かりやすさを追求するだけでは、本質を見失ってしまう。。
    一方、古徳の教えをどう咀嚼して傳導すべきか。。。(つづく)

    以上。
    晋山式はじめ、秋口の様々な行持に随喜させていただく中で、心に浮かんだ雑感をつれづれなるままに (。-`ω-) 〆🍁

    【次回の「坐禅会」は、12月1日(金)あさ5時半〜(場所:客殿)です。】

宗教法人庵原山 一乗寺
静岡市清水区にある曹洞宗の寺院「一乗寺」葬儀、葬式、霊園など…

〒424-0114
静岡県静岡市清水区庵原町1937
TEL:054-366-0182
FAX:054-366-0475
  • 一乗寺外観

    宗教法人庵原山 一乗寺

    〒424-0114
    静岡県静岡市清水区庵原町1937
    TEL:054-366-0182
    FAX:054-366-0475
    新東名高速道路の庵原インターチェンジより車で5分