一乗寺ブログ

静岡市清水区にある曹洞宗の院「一乗寺」のブログです。あなたのかかりつけのお寺として、ともに寄り添いたく存じます。

お知らせの記事

  • 「暁天坐禅会vol.38」(静岡市)

    2018年1月15日

    ★暁天(ぎょうてん)とは、明け方の空という意味で、 暁天坐禅(きょうてんざぜん)とは、早朝に行う坐禅のことです。

    第38回坐禅会(参加者:7名)

    新たなる年が明けて、半月が経ちました。
    まだ半月、もう半月経ったか…と人それぞれの感じ方があろうかと思います✍️

    今朝は、今年初の坐禅会でした。

    まだ夜も明けない内から、いつもの面々がご参集されました。

    この坐禅会では、、
    ひとりひとりのペースで座を組み、
    定刻になりましたら、鐘が三回鳴ります🔔

    そこから、しばしの時間、こころ静かに坐ります。

    このような営みを、何十年にも渡り行じております。私が就任する前…もっと言えば生まれる前…先代、先々代の時代から脈々と受け継がれてきました👏

    今日は、年初めということもあり、
    普段は略式の朝課(※朝のおつとめ)が多いのですが、参加者の方と本式の朝課を読経しました。

    久しぶりの本朝課でしたが、
    流石にベテランの皆さんは、歴代祖師・歴代住職のお名前もしっかりとお唱えになられておりました。

    最古参の方が、
    「久しぶりに読んだけど、いいもんだなぁ」と、おっしゃっていたのが尊いお言葉だと思いました。

    朝が早いので、皆さんご無理せず
    ご参加いただければと存じます🙏

    さて、
    本日は、このあと🕒午後3時〜
    『おはなしの会(仮)』を開催します。

    https://www.facebook.com/events/242773199594635/?ti=icl

    「仏教全般に関すること」、「普段、気になっていること」や「お悩み問題」など、さまざまなテーマに沿ってお話をしていきたいと思います✍️

    ※参加無料・予約不要にて
    どなたでもご参加いただけますので、
    興味のある方は是非お越しください。

    (*´꒳`*)

    【次回の「坐禅会」は、新年2月15日(木)あさ5時半~(場所:客殿)参加無料です。】

  • 「本堂大そうじ」のお知らせ°˖✧

    2017年5月26日

    【お知らせ】

    今般、拙寺の老朽化に伴い、
    「耐震対策」並びに「諸堂の修繕工事」を実施させていただく運びとなりました。
    すでに、数ヶ月前より前作務を進めておりますが、いよいよ大詰めの時期になって参りました。

    つきましては、
    当山坐禅会・梅花講はじめ、ご縁のある皆様とともに、
    「本堂の大そうじ」をいたしたく存じます。
    お手伝いしても良いという方は、何卒ご助力のほどよろしくお願いいたします(^人^)

    ●日時:
    平成29年5月27日(土)
    13:00〜

    ●場所:
    一乗寺
    http://www.1-jouji.jp/

    【追記】
    なお、《6月4日14:00~》
    旧本堂最期の見納めに、「諷経(ふぎん)※読経」と「お話」をいたします。
    (※お片付けも少し!^-^;)

    急なお知らせで恐縮ですが、
    興味のあります方は、是非ご来山ください

  • 「暁天坐禅会vol.24」(静岡市)

    2017年5月1日

    ★暁天(ぎょうてん)とは、明け方の空という意味で、 暁天坐禅(きょうてんざぜん)とは、早朝に行う坐禅のことです。

    第24回坐禅会(参加者:8名)

    4月末の一週間、永平寺に行って参りました。
    福井県にある禅寺、永平寺は曹洞宗の大本山です。

    (宗派によって様々ですが)“お坊さん”という職業も「教師資格」の一種で、全国に点在した「専門僧堂」と呼ばれる修行道場で、一定の期間修行を積まなくてはなりません。

    かくいう拙僧も、大学卒業後の平成18年に永平寺へ入山し、約3年半ほど修行に励んで参りました。

    (※修行中の話は、長くなるのでまた別の機会に

    現在は、「御授戒と御征忌」(※全国からお寺さんが集まる特別法要のある期間)春と秋、随喜寺院(※OB)として、お手伝いに上山しております。

    一週間、午前3時〜3時半起床。就寝は、午前0時というなかなかハードなスケジュールですが;彼の地に赴くと昔のスイッチが入り、自然と身体が動くから不思議です。

    随喜が終わり、夜通し車で走って福井から静岡に帰ったところ、当坐禅会に参加されてました90歳を超える女性の方がお亡くなりになったという訃報が入りました。。
    僕のおしめを替えてくれたり、お寺の台所のお手伝いをしていただいたりと、長年お世話になっていた方だけに、様々な想いが胸に込み上げてきました。

    参列者のお一人が、ふと…
    『方丈さんが、帰ってくるのを待っててくれたんだね。』と、言ってくださいました。これを聞いて、「あぁしっかりお見送りをさせていただかなくては」と思い直した次第です。

    永平寺の特別法要の頭には、必ず「報恩(ほうおん)」という二文字が入ります。(※報恩授戒会など)
    これは、「開祖道元禅師や諸祖先人に対する恩に報いるため」という意味が込められております。

    幼少期よりお世話になった多くの方のご恩に報いるためにも、より一層精進して参りたいと思います

    【次回は、5月15日(月)あさ5時半〜(場所:客殿にて)です。】

  • 「人形供養祭」のお知らせ(静岡市)

    2017年3月29日

    【ひな供養】

  • 年頭のご挨拶

    2017年1月10日

    謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。佳き年を迎え皆様のご健勝をお慶び申し上げます

    さて、新米住職の2年目がスタートしました!

    本年は、大心を以て諸事に当たりたいと思います。「大心(だいしん)」とは、山の如く高く大きな不動心、海のように広くゆったりした深い心のことを申します。

    “動かない”ということは、物理的に融通が利かないということではなく、むしろ心を常にニュートラルな状態にするという芯を保ち、そこを起点に臨機応変な対応が出来るようにするということだと思っており…ますが、なかなかそれができません(−_−;)

    本年は、自身にとりましても激動の年になると思われ…取りも直さず、前述のそれは來る大地震にも動揺しない心を養いたいと思う表れでもあります。。

    有事の際、頼れるのはやはり生身の人間と“緣”
    故に「インターネット(ソーシャルメディア)」は、それが無くなっても人との絆が消えないことを確かめるためのツールでしかないと思っております

    生まれる年が100年ズレていたら、貴方とは出会っておりません。

    そのご縁に感謝しつつ、
    本年も相変わらずご厚誼の程よろしくお願い申し上げます

    追伸:

    などと言っておきながら…(^^ゞ💧

    これより拙寺の“近況”や“お知らせ”をブログ形式で綴って参りたく思います✍

    何卒、お付き合いのほど宜しくお願いいたします(。^人^。) ✧˖°

  • 一乗寺外観

    宗教法人庵原山 一乗寺

    〒424-0114
    静岡県静岡市清水区庵原町1937
    TEL:054-366-0182
    FAX:054-366-0475
    新東名高速道路の庵原インターチェンジより車で5分